住まいの話

おしゃれな都心に住みたい!そんな願いが叶う素敵なマンションが名古屋最大の繁華街である難波に誕生しました。

 

プレサンスジェネ難波(ホームページ:http://pl-namba194.com/)は地上15階建ての、洗練された華やかなライフスタイルを実現する新しい住まいです。難波駅から徒歩9分、矢場町駅からは徒歩4分という立地は交通が便利なのはもちろん、駅周辺にはとにかく何でも揃っているので、都心ならではの華やかなくらしを味わえること間違いなしです。

 

例えば、難波駅前には名古屋を代表する3つの百貨店「三越」「丸難波」「松坂屋」が揃っており、矢場町駅方面にはパルコやナディアパークといった大型ショッピングセンターがあるため、必要なものはだいたいが自宅から徒歩圏内で買えるでしょう。

 

手みやげやギフトを買うのには三越や丸難波が便利ですし、松坂屋にはH&Mも入っているので最先端のファッションを楽しむこともできます。パルコには若者向けのカジュアルファッションショップをメインに、無印良品やヴィレッジバンガードなどがあります。

 

ナディアパーク内の7フロアに渡るロフトも嬉しいですね。マンションすぐ近くの大津通りには、高級ブランド店や外資系の高級インテリアショップなどが立ち並び、都心ならではのおしゃれな雰囲気を日常的に味わうことができます。

 

夜にはネオンで賑わい、彩られた家路を歩くことができるでしょう。そして目の前にはライトアップされた難波のテレビ塔!そんな素敵な都心でのくらし。プレサンスジェネ難波で実現させませんか。

育毛シャンプーというと髪のボリュームアップ、抜け毛改善、ツヤ、太さなど元気な状態にしならが洗浄も行なうというものですね。そこには髪のために良くない成分を排除するなどプラスだけでなくマイナスすることも考えられた育毛のためのシャンプーです。

 

でも男性用と女性用に分かれているので、その違いをきちんと知っておくことも大切ではないでしょうか。
そのためにこのサイトは参考になりました。http://donttouchthis.org/

 

このサイトの内容を参考に両者の違いについて考えてみましょう。まず男性と女性の髪の毛のダメージに対する原因の違いがあります。まず男性の髪の毛に関するトラブル原因の中でとても多いのは抜け毛や、それにともなう薄さや禿げです。それに男性ホルモンにより皮脂の汚れが強く、女性よりずっと頭皮は脂性だと言えそうです。

 

そうなると女性より洗浄力が強くなっているはずですね。そのためにメントールなどのスッキリ成分も使用され爽快感も重視されているのではないでしょうか。抜け毛の原因も男性ホルモンによるものが多く、それを抑える成分は女性とはまったく違ってくるはずです。

 

さて女性の場合は同じ抜け毛や髪の毛が細くなるというものがありますが、その原因の多くはパーマやヘアダイとなっています。そこで女性の場合は紫外線、パーマ、染め粉などによるダメージをケアする成分が中心になります。

 

また女性の場合は男性より皮脂が多くないかわりに乾燥という症状が多くあります。そのために保湿性分も多く含まれているということになります。このように同じ育毛シャンプーといっても男性と女性の特徴をケアしながら栄養をプラスするわけですから、男性用と女性用ではまったく違った成分が入っているということがあるのです。

 

それどころか、その有効性が強ければ強いほど男女が反対に使ってしまうと逆効果ということも起こると言えるわけですね。効果のある育毛シャンプーほど絶対に男性用と女性用を間違えて使ってはいけないということになりそうです。

 

その他に最近では空気汚染やストレスなど男女共通のダメージ原因もあり、そのためには髪の毛を元気にさせる共通の成分もたくさん使われてもいます。これらの成分を有効にするためにも男女違った成分によってケアが必要になるのではないでしょうか。

今回は、ハートアンドビューティのフェイシャルコースについてご説明させて頂きます。まず、基本となるのはベーシックコースです。もし悩んだらこのコースを選んでおけば間違いありませんね。(リンク先はYahoo知恵袋のハートアンドビューティの一覧です)

 

また、ベーシックコースは60分なのですが時間の無い方向けに30分のピュアコースがあります。私自身、時間の無い時はピュアコースを選んでいます。他にも、ストレスを感じていて癒されたい時にはアロマベーシックのコース。

 

これは、一部店舗ではアロマデラックスというコースもあります。料金的には同じ時間で2,000円程度しか変わらないので、予算に問題が無ければアロマデラックスのコースの方をお勧めしますね。

 

また、私のように年齢が気になり始めている方であればアンチエイジングのコースもあります。この名前的にも50代くらいの方が利用するイメージがあるのですが、肌は20代から既に老化が始まっています。

 

そのため、早め早めに対策をしておく事によってその後の肌に繋がりますよ。他にも、ハートアンドビューティではオプションメニューも豊富です。例えば、最近酵素の人気が高まっていますが、酵素パックもしっかり用意されています。

 

他にも超音波や人気のオイルアップもありますし、3,000円の追加料金を支払う事でフェイシャルコースで使用する化粧品を、ラメラモードという生コラーゲンの物に変更する事が出来ます。

 

私も余裕のある時にはこの生コラチャージというオプションメニューを追加しているのですが、やっぱり肌の潤いが違いますよね。ファーミングフェイシャルには石膏マスクの付いたメニューとACリペアマスクの付いたメニューがあるのですが、私は個人的にACリペアマスクを購入していますので石膏マスクの方のファーミングを選ぶ事が多いです。

 

ちなみに、ACリペアマスクはハートアンドビューティの店舗だけではなくReginaというショッピングサイトも購入出来るのですが人気商品の為売り切れてしまう事もあります。リペアマスクを試してみるのも良いですね。

住まいを決める際、案外無視されてしまいがちですが、道路との関係も意識しておきたいところです。周辺環境が良く、利便性の高い場所であっても、交通量の多い道路に面している場合や、すぐ近くに線路があると言う場合においては騒音に悩まされる可能性も高く、気になる方にとっては大きな問題となってしまいがちです。

 

また、道路幅が狭かったり、曲がり角となっている土地の場合、車の通り抜けが困難であったり、出会いがしらの事故が多発しやすい可能性もあります。また、道路幅が狭すぎると緊急車両が入ることができないと言う場合もありえます。前面道路は4m以上の道路幅員がなければならないとされていますが、住宅の密集地域における裏道などでは、まだまだ車1台通り抜けるのがやっとと言う場所も数多くあります。

 

住まいの快適性においては外部環境も重要であるのは間違いありませんが、トラブルの原因の多くもまた、前面道路周辺にありがちです。大通りに面している場合、利便性は高くなりますが、常に車の往来があるため、車の駐車が困難であったり、外壁が汚れやすい、窓から私生活が簡単に見えてしまうと言う可能性も高くなります。

 

近年の住宅においては様々な工夫がされていますが、利便性は高いものの、何となく不便を感じると言う話も時折耳にすることもあり、大通りの住宅であっても、全てが理想通りとは言えないのかもしれません。

 

住まいと道路は利便性において重要なものであり、道路環境によって、同じ住宅であっても大きく違いが出てくる場合があります。住居を選ぶ際は道路との関係も考え、メリットとデメリットを勘案した上で決めることで、失敗のリスクを回避することが出来るでしょう。

長期的に安定した収入を得るために、マンション投資はエリアをしっかりと考えたうえで物件選びを行なう必要があります。空室期間を短くし、将来にわたって安定的な賃料を得るためには、物件そのものの条件もさることながら立地条件はさらに重要。いかに借り手が借りたい!と思う地域・立地に投資物件を持っているかが稼働率を大きく左右するからです。

 

では、どういうエリアにある物件を選ぶべきなのでしょうか。まずは何といっても、都市部の人気路線の便利な駅から徒歩10分圏内の物件がベストでしょう。また、近くに新たなショッピングセンターなどが建設されるなど、鉄道の乗降客が目に見えて増加している駅の近くもオススメです。また、都市の中心部からは多少離れていても、若者層に人気のあるおしゃれな街などのニーズが高い街周辺ならおすすめエリアと言えます。

 

上記のような条件を元にして、たとえば首都圏で言うと、将来的な賃貸需要から考えると山手線圏内やその周辺、また横浜市の中心部や都心寄りの川崎市の一部などが選ぶべきエリアだと言えます。また、自由が丘などのエリアであれば、多少駅から離れている立地でも稼働率を高く保つことは十分可能でしょう。

 

しかし、首都圏以外のエリアで考えると、こうした条件がすべて当てはまるとは限りません。ある地方都市では、大都市で利便性の高い立地でありながら、ワンルームマンションの稼働率・賃料とも低いというところもあります。各都市の状況に照らし合わせて、ここであれば!というエリアを選ぶ必要があるのです。

売れたはずの土地が、売れたはずの・・・(略)(だいじなことなので2回いいました)、多分ですが、売れなくなるときがくるかもしれません。どんなにいい場所でも、どんなに安くても。それは位置(家、場所、の)が問題となります。低いものはきっと、放射能汚染ということで、うれなくなるとおもいます。東北や関東はそれ以前の話になります。売れません。絶対。そして低い位置にあればホットスポットというものが存在してしまう上、蓄積しやすくなってしまいます。つまり「最悪」なのです。高濃度汚染が進みやすく、というより、100パーセント中100パーセントですすみます。しっかり、すすんでしまい、人に害をおよぼす可能性が高まります。そして寿命を縮めます。

 

なので、今がチャンスです。時間が経つごとに、ふつうに蓄積してしまうので、何もかもが台無しになってしまうのです。大袈裟にいえば、「「廃墟」」になってしまいます。悲しいことに。避難地域ではない場所でも廃墟とよばれるのはなんだか・・・悲しいような。いや、切ないような。なんだかんだいっていいことなしになってしまうかもしれません。平等にはなれないかもしれない。いいとわるいと平等にはね、売れるとしても超をこえた激安じゃないときっとだめです。なので、もう、手放す義理もなくなるかもしれません。ですが、これは今なら日本政府の動きでかわるとおもうんです。早く除染を、まだギリギリで間に合うと思うのです。頑張っていただきたい。

主に学生の方や新社会人、転勤などで引越しの必要がある場合や、新婚の方などが多く利用するのが賃貸の住まいです。賃貸はアパート、マンションが多く使われますが、やはり選ぶことが出来るのであれば、予算内で最もパフォーマンスの良い物件を選びたいと言うのが本音ではないでしょうか。家賃が安価に収まることが望ましくはありますが、いかに良質の物件と巡り合うことが出来るかと言うのもひとつのポイントであり、そのためには情報を数多く集めておく必要が出てくるかもしれません。

 

賃貸の住まいの場合、注文型の一戸建て住宅などとは違って間取りの構成が確定しているため、カスタマイズがほとんど出来ないこと、あくまで借りていると言う立場となるため、おいそれと設備を傷つけるようなことは出来ない、喫煙する場合においても出来るだけ壁紙を汚さないように配慮するなど、制限は多くあるものの、近年では敷金礼金が不要であったり、賃料も抑えつつも良質な物件が出揃っていることから、気軽に利用できる住まいであるとも言えます。

 

賃貸を上手に利用する方法として、やはり決められた間取りとは言えども、出来るだけ家事動線が最適化されたものを選ぶ、交通や各種施設において利便性の高い地域を選ぶなど、予算の許す範囲内で理想に近い物件であることが望ましいと言えます。失敗しない物件選びには、まずは実際に物件に触れてみる、何度も周辺を行き来し、道路状況や周辺施設へのアクセスを確認するなど事前にしておくことで、その物件の特徴が見えてくるようになり、物件を決める上においての参考になるでしょう。

出来れば住まいの設備は大切に使っていきたいものですが、いつまでの新品同様と言うわけにはいかず、時間の経過によって老朽化が進み、いつかは修理や交換が必要となる場合も出てきます。これまでは気にならなかったちょっとした傷でも、いつしか大きなトラブルに発展してしまうきっかけともなってしまうこともあり、そのようなことになってしまう前に、早期の修理、交換を心がけたいものです。

 

特に水周りのような毎日何度も使用する場所については慎重であるに越したことはありません。水周りのトラブルは周囲に被害を与えかねないこと、一度トラブルを起こしてしまうと、極端に生活が不便なものとなってしまいがちであるため、住まいにおける重要なポイントの一つとして、定期的な確認を欠かせないことが大切です。万が一、損傷が見られる、水漏れがはっきりと分かると言う場合は、すぐに管理会社や水道修理業者などに連絡を取るようにしましょう。自力で修理できるものにおいても、あらかじめ予備の部品は用意しておくと言うことも大事です。

 

また、明らかに住まい全体に影響を及ぼす可能性の高い損傷などを見つけた場合は、早期に工務店や施工業者に連絡を取り、対処法を講じるようにしましょう。住宅は購入が高価であるのはもちろん、その修理にも大きなコストがかかりがちです。少しでもコストを軽減し、常日頃から快適な空間となるよう準備をしておくことをお勧めします。

住まい選びにおいて、特に主婦の方がチェックしておきたい箇所として、家事動線については十分調べておきたいものです。何かと移動の多い家事について、食事を作る、洗濯物をすると言った場合では、何度もキッチンと洗面所を往復しなければなりません。特に子育て世代の場合、少しの時間でも惜しいことは多く、出来れば効率よく最小限の時間で出来ることを済ませてしまいたいと言うのが心情ではないでしょうか。家事は毎日繰り返さなければならないものであり、特に家族全体として忙しい日々を送っていると言う場合であれば、日々の生活において疲ればかりが蓄積され、ストレスの溜まるものとなってしまいかねません。

 

近年の住宅においては、この家事動線についてこだわりが見られ、キッチンと洗面所が近い位置にある、洗濯物を干す際、移動距離が出来るだけ短くなるなど、効率よく家事が進められるように間取りの工夫がされていることがあります。時間の少ない主婦において、少しでも時間を作ることが出来る環境と言うのが今の住まいに求められているものと言えるのかもしれません。

 

住まいの快適性を求めた場合、必要な場所へのアクセスがいかに効率的であるかは考えておきたいところでしょう。効率を考えた動線を住居に取り入れることにより、時間の短縮化が図れるのはもちろん、空いた時間を少しでも増やすことにより、忙しさばかりが目立つ主婦の仕事においても、自分の時間を確保し、より快適に生活を続けることが出来るようになるはずです。

住まいの内装として、最も重要なポイントの一つとして考えられるのが「収納」です。どれだけ広いスペースを確保した空間であっても、収納スペースの存在ひとつで使い勝手が大きく変わってしまうほどの違いがあり、収納効率を上げつつ、十分なスペースがあるかどうかと言うのは、住まい選びにおいて意識しておきたいところでしょう。

 

特に多いのが、収納スペースが高い位置にある、見えづらい場所にある「隠し収納」状態となっているもので、一見するとスペースを広く見せるための工夫にも思えますが、収納が高い位置にあると物が収納しづらくなる、取り出しにくくなると言うデメリットも同時に存在しており、隠し収納の場合は低い場所に設置されていることが多いため、やはり収納、取り出しが困難になりがちな点も否めません。

 

収納において大切なのは「収納しやすく取り出しやすい」と言う、負担のかからない作業とすることであり、必ずしもスペースを広く見せるために追いやる必要はありません。逆に、分かりやすく、目線に合わせた収納位置の方が片づけがはかどる、足腰に負担がかからないなどのメリットが多いため、むしろ収納もひとつの内装であると言う形にする方が綺麗に収まることも多くあります。

 

住まいにおいてこだわりが多くあったり、スペースを広くしたいと言う気持ちは多くの方がお持ちのことかと思われますが、いかに収納を活かすかと言うことまで意識しておき、片付けや掃除にとっても最適な環境を考えると言うのが、綺麗な内装を作る一つの方法ともなることでしょう。